製品案内や臨時休業などのお知らせを掲載します

www.seventh-heavens.com

2018/02/20

バリアントは今でも狙っています

今日はこっちも(?)カメラの話にしちゃおう。

世界コンテストの出品料がタダになったということで、俺の出品頻度は確実に上がるだろうと予想し、ソレ用に買った(自分史上最高に)マトモなカメラが富士フィルムのX100。

今日はどうしてこの機種になったか?という話。

何かを買おうと悩み続け、それが限界に達した時にどうでもよくなる…というのは昨日書いた通り。過去には家族で出かけるための車を買おうと悩み続け、なんとかエルグランドとアストロの二択にまで絞るところまできて、さらに考えた結果、最終的にエブリイワゴンになったという事もあった。

その一つまえの段階だと「古い方向に傾く」という傾向があって、アシに使うはずだったワーゲンバスのコンディションがあまりにも良すぎて、とてもじゃないけど雑に扱えず、だったらもう一台アシ用に手頃なサイズのステーションワゴンでも買えばいいやと探し始め、ステップワゴンやカローラフィールダーなどが候補に上がるも、角目ライトがどうしても受け入れられず、丸目ライトの車を探したらサンバーバンのキュートさに心を撃ち抜かれ猛烈に検索。しかし、丸目サンバーはそこそこ古い年式じゃないと存在せず「古いの乗るぐらいなら…」と、気がついたらタイプ3バリアントに完全に心奪われ、あわやバグワークスにオーダーする一歩手前で我に返り白紙に戻った…なんて事もあった。

余談だが、フィットを買った時は俺が関与するとロクな車を選ばないという事で、資金以外は一切関わっていない。

さて、本題に戻るが、カメラ選びとは言え一筋縄にはいかなかったのは予想に容易い。最初は予算だけを中心に機種選びをするも、どうしても現行機種のフォルムが受け入れられず、案の定一時はライカのデジカメに悩殺され、超初期型なら予算内だとあわや入札寸前のところでスペックを確認したらINFOBARのカメラ機能程度の解像度しかない事に気付き、ギリギリで回避。

ならば性能とフォルムを兼ね備えたPENならどうかと照準を絞るも人気機種なのか予算的に手が出ない。これは泥沼だという事で、最終的に宮越写真機修理店オーナーに相談して、やっとこ決まったのがX100というワケ。

セブンスには無数の産業廃棄物が転がっているのだけども、その殆どがこのような紆余曲折を経て私の手元に届いたのであります。