営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を2021年7月3日に終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2021/02/24

76.貸駐車場

たまに近所で道路工事や住宅建設がある時に短期間だけ駐車場を貸す時があった。別に満車になることなんて皆無だし、ちょっとした小遣いにもなるし大歓迎だった。

ある日、不動産屋が近所のアパートに越してきた人の車を停めさせてほしいと頼まれた。1台なら全く問題ないので快諾したのだが…。

その人が車に乗ってきて駐車場の端に停めると…降りない。30分後、まだ乗っている。電話でもしているのか?1時間、降りる気配はないし、電話もしていない。3時間、5時間、ついに空が暗くなって中が見えなくなった。

翌日、どこかに出掛けているようで車が無かった。ちょっと安心したのも束の間、帰ってくるなり再び籠城開始。どういう人なんだろうか?激が付くほどの車好きか?はたまた降りると車が爆発するとか?まさかキアヌリーブスか!?

車を停めるだけなら全く問題ないが、さすがにコレは落ち着かない。仕舞いにはご近所さんから[最近お宅の駐車場に不審車両が…」なんて話になってしまったので完全アウト。見事に解約となりました。

サイン貰っておけば良かったかも?

2021/02/23

75.飛び込み営業

最初の頃から来ていたのだけども、店のイメージが小綺麗になってきてから一層と飛び込み営業の訪問が多くなった。今なお「熱帯魚は金持ちの趣味」という観念があるのだろうか?セブンスが儲かっていると勘違いしている人が多かった。

完全な赤の他人であれば遠慮なく追い返せるのだが、運悪く親や知人と接点があったりすると厄介だ。そういう時は「メンテの契約話を持ってきてくれたら、その収入分で御社と契約します」と、言ってみる。

意気揚々と店を出て行く営業マン達。しかし、戻ってきた者は一人もいない。そんなに世の中甘くない。

2021/02/22

74.葛藤

店内の展示水槽も増えてきて、来店者からそれなりの評価を得られるようになった。それと比例するように消化不良のような気持ち悪さを感じるようになってきた。

褒めてもらえるのは嬉しいけども、自分が作っているのは巨匠作品のコピーなので、自分が評価されるような事は何もないのである。

製作のオファーが来ても「ADAみたいにして欲しい」という依頼がほとんどで、セブンスじゃなきゃいけない理由はどこにもなかった。

「俺って何なんだろう?」路頭に迷うような日々が続き、再び目指すものを見失った自分はアクアリウムを私生活から切り離すようになった。

2021/02/21

73.不良在庫

開業当初は180センチ水槽なんてボコボコ売れる予定だった。たしかに海水魚やディスカスまで扱っていたので、ちょっとハマった人のためにアクリルの180センチ水槽を2本在庫していた。

1年、3年、5年経ってもまだ売れず、最終値下げまでやっても10年超えてしまった。その頃にはADA専門になっていて、黒帯付きの水槽なんて全く需要がない上に、さすがに10年在庫の水槽を平気な顔で売るほどの悪人になれず、1本は別のショップに買い取ってもらい、もう1本は自家用で使うことにした。

しかし、水槽があっても周辺機材は何もない。当然ながら既製品を買い揃える予算もない。この黒帯アクリル水槽をどうやってADA専門店に溶け込ませるか?が非常に難題だった。

まず、中古の90用水槽台を2台並べてベースを作り、水槽を取り囲むように木材で枠を製作。照明は安いベースライトを配線して、蛍光管だけはNAランプを採用。それらを全て覆い隠すボードを貼るのだけども、ベストはホワイトなんだろうけど、水槽の黒帯がどうしても目立ってしまうので、ブラックのプラダンでまとめ上げた。

これがこの後10年もの間、セブンスの看板を背負う水槽となる。

2021/02/20

72.地震

震度4から被害を受けるのは酒屋か熱帯魚屋ぐらいだと思っている。

これまで幾度かの大地震の影響を受けてきたけども、幸運にも震源から少し離れていたおかげで致命的な被害は受けなかった。

それでも店内が水浸しになったり、物が倒れた事もあった。

もう一つの幸運は地震発生時にお客様がいた時が一度しかなかったこと。揺れている最中に水槽の前に立つのは本当に危ないから。

その唯一の時は小さい男の子を連れた夫婦が来ていた。一瞬照明がチラついたと思ったら突然グラグラッと揺れ出して、そんな時に男の子が俺が自作した不安定な陳列棚の前にいたもんだから、とっさ抱えて広い場所に連れて行き、揺れが止んでから父親のところに連れて行こうとしたのだけども、なんとその父親は電話をかけ始め「今熱帯魚の店にいるんだけどさ、スゴイ事になってるよ!」と。たしかにボンベは倒れてるし、水槽の水は溢れかえっていたから普段とはかけ離れた光景だっただろう。

さらに電話を切った後に魚の値段を聞き始めたのでもはや限界。冷静を装ってお帰りを促すので精一杯だった。

地球の上に住まわせてもらう以上、地震に遭うのは仕方ない。だけども、その後の「二次災害」はモラルさえあれば確実に回避できる。

2021/02/19

今のセブンス 続報

 

先週2時間かけて掘った連絡通路が一晩で埋まり、再びやってるところです。こういうのをデジャヴと言うんだろう。

3月中旬の再開は絶望的か?

2021/02/18

その後はTwitter再開します

生きている証拠を示すためにも、たまにはコラムを書きます。

セブンス百景も残り30話以下になりました。こうなるとブログの終わり時期も計算できるようになってきますが、3月の下旬ぐらいがエンディングになりそうですね。

セブンスかコロナ、どちらか先に終わるまでという事でしたが、ワクチン普及のタイミングで終わるという中途半端な結末になりそうです。

それ以降は業務的な内容だけになりますが、6月からのオークションに興味のある方は重要なお知らせがあったりしますので、引き続きチェックお願いします。

2月も終盤なのですが、再びの大雪で営業再開の目処が立ちません。遅くとも3月中旬には…と、考えております。

個人、法人共に確定申告が終わりました。法人決算だけ後から税務署に訂正を指示されキレそうになりましたが、やっぱり2年目ともなると訂正作業もスムーズにできるもんです。

おそらく来年はもっと効率良くなるんでしょう。何度も言ってますけど、世の中の事のほとんどはやれば出来ます。想像だけで出来ないと思い込んでいるだけです。

ほとんど家にいる毎日ですが、忙しく遊ばせてもらっています。自分のスキルが上がっているのを実感できます。あとはそれをどのように人のために役立てるか?ですね。