営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を2021年7月3日に終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2021/01/16

折り返し地点

次回のセブンス百景が50話目になり、いよいよ後半戦に突入します。ある転機と共に流れが大きく変わるわけですが、それと共に新たな感情にも悩まされてゆくことになります。

ただ、転機後の話はウェブサイトやブログで公開済な事も多いので、できるだけ誰も知らない話を選りすぐって書けたらいいなと思っています。

このペースで進むと3月には連載が終わってしまいそうですが…それで良いんじゃないですかね。その時点でコラム掲載は終わりにして、残りは再び業務的な内容だけにしましょう。

そろそろ百景のエンディングも考えておかないと。

2021/01/15

49.クィーンエンゼルフィッシュ

下積み時代からクィーンエンゼルが大好きだった。誰もが認める海水魚界の女王の風格と、表情の可愛らしさのギャップが最高だった。

セブンスの開業に合わせて目玉になる魚を泳がせておいた方が良いという助言を受けて、特大のクィーンの成魚を仕入れた。しかし、初期の不安定な水槽環境が原因でオープンから一週間も経たずにクィーンを死なせてしまった。

亡骸を土に戻しながら「コイツは何のために地球の裏側まで連れて来られたんだろうか?」と考えたその瞬間からずっと、私はこの仕事に対する理不尽に悩まされてきた。

2021/01/14

読者いるのか!?

もはや雪の話も聞きたくないと思います。地元民のSNSも雪の画像ばっかりで、だったら水着のお姉ちゃんの画像でも載せてやろうかと。だから雪の話は今日で完結にしましょう。

昨日の投稿で土建会社の文句を言いましたが、その1時間後に我が家の前の道だけ除雪されるという怪現象が発生。何でも言ってみるもんですな…というか、監視されている?

我が家は集落の一番端にあるのですが、火事の時は消防小屋まで一番長く走らないといけないんですよ。それが悔しかったのですが、今回は端にあったおかげで一番早く解放されました。集落のほとんどは今も身動きとれません。

おかげで今日からメンテ業務に復帰しております。ただし現場の駐車場も埋まっちゃてたりして、まだまだ5割も復興してない感じです。

こんな騒ぎになっても1ヶ月もすれば消えて無くなるんだよね。残るのは体の痛みと車のダメージだけ。

2021/01/13

バケツ片手に歩く男

道が埋まってから5日が経過するも、いまだに除雪作業は行われず車を出すことができません。

それはつまり給湯器の修理も行われていないということ。

しかし、お湯が出ないのは辛抱できるが、水槽を放置するのは辛抱できん!

車を使えないなら歩けばいい、進んでいればいつか必ずたどり着けるのだから。でも持っていける道具は限られる。5リットルのバケツに最低限の掃除道具を入れて、ペントラッチャまで1時間歩いた。さらに歯医者さんの水槽の応急処置をして帰宅。

明日は高田方面に歩くか?持てる道具で作業が済む現場も限られるけども、何もせず家にいるぐらいなら少しでも行動するべきだろう。

それにしても除雪作業どうなってんの?地区担当の土建会社は自分の会社の前だけキッチリ綺麗にしてあるのが腹立つんだよなぁ。そういう時って自分は後回しにしてでも交通網を復興させるのがカッコいいんじゃないの?

まさに日本の汚さを縮小したような所なんだよね、上越って。

2021/01/12

48.フリーペーパー

地元でもそこそこ知名度があるフリーペーパーの編集者がやってきた。来月号はセブンス周辺の地域特集で、これまでグルメ情報が主だった中でスパイスを効かす意味でもアクアリウムショップを是が非でも取り入れたいという事だった。

過去何度か情報誌の取材を受けたものの、編集の時点で勝手な解釈を盛り込まれて不快な経験をしてきたので初めは断ったのだけども、近所付き合いのあるお店も取材を受けるということだったので引き受けることにした。

ただし、最終原稿に至るまで私のチェックを受けさせる事を条件に進め、これまでにない出来のコンテンツが仕上がったことで調子に乗り始めた。

その地元紹介コーナーでは、店毎にプレゼント提供することになっていて、セブンスでは他のどの店よりも豪華な「1000円クーポン」を抽選で3名様にと掲げた。偽造できぬよう凝ったデザインに仕上げ、スタンプを押し、胸躍らせながら応募数の報告を待った。

そしてフリーペーパー発行から1か月、応募者は誰もいなかったそうだ。

2021/01/11

この下に高田あり


災害の様子を伝えるのも大切な役目かもしれないので、全国ニュースでは伝えきれていない様子を書いておきます。

今日現在で車が通れるのは国道と主要な県道だけ、その他の二車線道路はギリギリ1台通れる幅しかなく、対向車が来たらアウト。中央線の無い道路はほぼ埋まっていて、人しか通れない状態。

なので買い物も歩いて行くしかなく、近くにコンビニやスーパーがあればまだマシ。片道30分歩いたりして、特に高齢者世帯はそろそろ食糧がヤバいかもしれない。無理に買い出しに行って遭難しなきゃいいんだけど。しかも、そのコンビニ、スーパーだって物資が届いていないみたいで品薄状態。

仮に100メートル先に主要道路があっても、その100メートルが埋まっていて出られない。そういうパターンが多いと思うし、我が家もそれ。

そのせいか、街の半分以上の店が臨時休業。おそらく社員がたどり着けないからと思われる。

どの家の屋根にも2メートル近い雪が積もっていて、雪の重みで我が家は壁の継ぎ目に隙間ができ始め、ドアが最後まで閉まらなくなっている。天井からミシミシ聞こえたら避難しようと家事で声掛けをする。雪下ろしをすれば良いが、特に2階の屋根の雪下ろしは命がけなので実行するかどうか迷うところ。

家の前の道が通れない限りメンテの仕事にも行けない。そもそもクライアント先が営業できているのか?あまり日数を空けたくないんだけど。

そんな中、相馬家の給湯器は依然故障中。家事手洗い全て水。地獄。しかも修理業者は長岡市で、いつになったら来られるのか?そもそも部品が名古屋から来るらしく、それが届くかも不明。

連日の雪かき作業で身体が土方仕様に仕上がりつつある。