製品案内や臨時休業などのお知らせを掲載します

www.seventh-heavens.com

2013/08/31

拘置所のある熱帯魚屋 10

電気配線がなされたトイレを見て「やるね店長、プロ並だねぇ!」と多くの方々に褒めていただきました。言われて悪い気はしないのですが、さすがに私の良心も限界に達しましたので正直に申します。

「あれはプロの仕事です」

いや、決して騙すつもりはなかったんです!一度はちゃんと自分でやったんです。今回の電気工事に関してはいつもお客さんとして来ていただいている本物の電気工事士(ミニ四駆レーサー)にアドバイスをしてもらっていたのですが、昨日わざわざ仕事の合間に配線を見に来てくれたんです。そこで私の作った親分を確認してもらったのでが、取り回しで怪しい箇所があったのと、やっぱり配線の再利用は止めといた方が良いだろうと。ここからは私の推測ですが、仮にこの親分から火が出たとしても、もちろんそのレーサー様に責任は無いのですが、やはり職人としてコレを見逃して帰るわけにはいかんだろうと。
腰に無数の工具をぶら下げ、ケーブルを肩に担いで戻ってきたレーサー様はまるで地球に帰還したアルマゲドンチームのようにカッコよく、ものの10分ほどで私の組んだ気色悪い配線を取り去り、あのような芸術的なラインを画いたのであります。
ホントにね、セブンスは良いお客さん達に恵まれてますよ。こうやって信頼している人にやってもらうと本当に安心できますからね、金銭的ではなくてそういう事が心からありがたいんです。

そして今日は佐官職人が土間の仕上げをしてくれました。そろそろ「じいちゃん」と呼ばれてもいいような年齢で細身の体格、そして無愛想。「この人は大丈夫なんだろうか?もしやシルバー人材センターの日雇いか!?」とこっそり後ろから作業を除けば…うぉ!まさにコテ1本で今まで飯食ってきたかのようないぶし銀の技。最後に「それじゃ。」と一言だけ挨拶して店を出て行く姿がまたシブい!
…と、思ったら何か忘れ物をしたらしく、ポケットをまさぐりながら戻ってきたけど(笑

それにしてもどうして熱帯魚屋の仕事にはこの手のシブさが醸し出せないんでしょうか?昨日のテレビ番組も観ましたけどイマイチ仕事ぶりに緊張感が無いんですよねぇ。それと一つだけダメ出しさせていただくなら、トトロの森にヒゲゴケは生えてませんよ。

2013/08/30

フォレスト・ガンプ

激しく屋根を打ち付ける雨と、連日のトイレ工事による抜けない疲労で午前中は動く気になれず録画しておいた宮﨑 駿のドキュメンタリー番組を観ながらボ~っとしていた。

相変わらず雨は降り続いているものの、仕方ないので昼飯を済ませて出勤し、今日も面倒くさい作業やんなんきゃなぁ~と首に手ぬぐいかけて入り口の鍵を開けようとするとそこに傘を持った大きな生き物が「トトロか!?」…人間でした(当たり前だ)。しかし、その人間が次に発した言葉は「東京からステッカーとタオル(手ぬぐい)を買いに来たんです」えっ!?何言ってんだこの人?その場には2人しかいなかったので誰も知る由もないだろうが、俺はその力石 徹のアッパーカットが如くの先制攻撃に完全にノックアウトされ、正直言って序盤の記憶が無い。

冷静になれたのは「以前ヤフオクでグリーングロウ903を買っていただいた者です」と言ってもらった時で、それはもう5年ほど前になるだろうか?すでに絶版だった903の新品をオークションで見つけて、今後のストック用に落札。こっちが代金を振り込む前に「信用できる人なので先に商品を発送しました」と一言添えて送っていただき、冷えたオークション取引が多い中での温かい人情に感銘をうけたのを今でもはっきりと覚えてる。
あの頃から俺は実名主義で、オークション取引と言えどもショップオーナーであることを相手に告げており、そういえばその時に「以前からお店に行ってみたいと思っていました」なんて事が書いてあったっけ。そんな人がついに念願を叶えてはるばる上越までやってきたというわけだ。

あまりにもクレイジーだ!とは思ったが、ゴローズやトイレ用品買うためだけに東京まで行く俺も同類なのだ、でもセブンスは恐れながらゴローズやP.F.Sとは格が違いすぎる、だからやっぱりこの人はクレイジーだ!
10年も前からセブンスのウェブサイトをチェックしてくれているセブンスマニヤでありながら、それ以上にADA製品マニアであるがゆえ、今日はかなり期待してご来店していただいたとの事、俺はお客さんに応じて対応を変えるのは好きではないが、さすがに今回ばかりは並大抵の代物では喜んでくれないだろう、何よりもこの御仁…「目が利く!」

地の底まで届くが如く深き業には、こちらも業火の如く燃え上がる数寄の魂で応えるのが礼儀、サティアン秘蔵の逸品にて対応させていただきました。それにしても久しぶりにアマノ製品に対しての「濃い話」をしました、というか俺も話しについて行くのがやっとでしたよ。改めて知った世界の広さと、これだけ人間を引き込む恐るべしアマノ製品の力。ただし、現在売られているような製品ではこんな出会いはもう起きないでしょう。

嬉しい事にセブンスは都内でも通用するショップだと言っていただきました。ですがセブンスが提供するのは100人の普通よりも1人の特別。上越だから、上越でなければできない仕事なのでございます。
「やりたいから やるだけ」。言ってる事だけは巨匠クラス、アクアリウム界の宮﨑 駿は貴方様の人生に影響与えすぎ申し訳御座いません。

2013/08/29

拘置所のある熱帯魚屋 Q

いまさらだけど便器が普通の(それも高性能な)家庭用に決まってしまったので、どこまで拘置所を出せるかビミョ~になりましたが、実はこのトイレ計画には当初から「裏タイトル」なるものが存在し、拘置所が薄れた事でその裏タイトルの方が前面に出つつあります。完成したら想像してみてください。

定休日返上で作業に没頭してやりました、慣れない作業の連続でいつもとは違う疲労感でぶっ倒れる寸前ですが、これから通販で電球を探さなければいけないので気合のロスタイムが続きます。午前中は無理を言って石膏ボードを早めに納品してもらい、白ペンキで塗装をしておりました。いつもならハケでやりますが、木材とは違ってローラーの方が良さげでしたのでたぶん人生2度目ぐらいのローラー塗装であります。当然ながら素人ゆえ若干のムラになるわけですが、なぜか自分で塗るとそのムラ塗装ゆえ愛着が湧いてきます。他の人に任せると許せないものですが不思議であります。格納庫同様に先に塗装をするとボードを張るときのネジが目立ってしまいます、普通は固定するネジを「見せ」たくないという考えなわけですが、だったら逆に「魅せ」てしまえばいいんじゃないでしょうか?どんな間隔で打てば美しいかは大工さんに任せます、そしてネジはステンレスでいきましょう!(この場を借りて発注させていただきます。それにしてもめんどくせぇ現場なんだろうな)

昨日に続いてムサシで買出しをした後に、午後は電気配線前半の山場である親分をやっつけました。技術や知識が無いかわりに、作業だけは丁寧にやろうとゲージに合わせて丁寧に銅線を出して、手書きの図面を見ながら慎重に電コネに刺してやると見事にバラす前にあったようなグシャグシャの配線の親分が出来上がりました。素人な取り回しゆえ使途を思わせるような不気味な様相ではありますが、最後に検尿カップみたいなのに入れてやれば完了でしょう(たぶん)。スイッチや照明の取り付けは工事の終盤に行います。

書けばたったこれだけなんだなぁ、これだけで1日かかってしまうし、こんな現場を何箇所もハシゴする職人のポテンシャルはやっぱりすごい。やってみなけりゃその苦労はわからない、それはアクアリウムも同じであります。

2013/08/28

毎週水曜日のお楽しみ ミニ四駆セブンスカップZERO情報 サーキット公開編

これがセブンスカップZEROサーキットだ!


…と、盛り上がっていきたいところなんですが、
トイレ騒動でミニ四駆どころじゃないんですよ。今のところ自分のARではそこそこ速いんですけど、飛び方が汚くて完走の信頼度が低いので改善策を模索中。そして、ダブルスロープでのクラッシュが相当なダメージになるらしく、フロントスタビが曲がりまくるので剛性アップも必要です。今は仏間なので、コースアウトしても畳がショックを和らげてくれますが、本番はコンクリートゆえヤケド程度では済まされません、格納庫での常設コースでも感じますが、地面が固いせいか着地が跳ねやすい気がします。なかなかこの辺の調整ができる機会は少ないと思いますので、フリー走行期間を有効に使ってください。
そうそう、連休のセブンス祭り期間中は「大スワップミート会」もやりますので、買ったけど使わなかったパーツや、未使用品があればジャンジャン持ってきてください。

噂を呼んでエントリー予定者が地味に増えてるらしっすよ、マジで本番はどうなるんだろ?

最近かなりショックだったのはトラッキンがARで復活するという話、あれだけ投資と苦労を重ねて作ったのにアッサリ再販(しかも最新シャーシだぜ?)されてしまうのは切ねぇよ、正月辺りにはそこらじゅうのサーキットでトラッキンやワイルドボディのマシンが走ってんだろうな。でも、3セットは買うけどね(

あぁ~、セブンス祭り開始まであと2週間しかないのか!?準備が間に合わねぇ!

2013/08/27

拘置所のある熱帯魚屋 8

火の無い所に煙は立たずというべきか、水漏れの形跡があるのに原因が無いというのはどういう事かと思っていたのですが、今日になって理由が判明しました。どうやら漏れの根源は便器にあったらしく、便器を撤去した後に原因を探そうとしてもそりゃわかるワケないぞと。モヤモヤがすっきりして、今回の工事の意味が復活したところで作業にも力が入るってもんです。

午前中で解体作業が終わり、トイレ空間は窓を残して何にも無くなりました。作業中はどうしてもモルタルなどのチリが舞ってしまい店の床はザリザリで、照明や商品も白いホコリをかぶったようになってしまいましたがこればかりは仕方ありません、工事が終ったら大掃除も兼ねて全部雑巾がけをやってやりましょう。

今日のところは他に作業がないという事で、それはつまり俺の出番であります。屋根裏に貼り付けられていた配線の親分をいよいよ引っぺがしてそのまま残すやつ以外のケーブルを切断しました。こういうのを再利用して良いのかわかりませんが、ちょうど良い長さのがありましたので雑巾で掃除してから銅線を剥きなおし、改めてマジックで配線箇所を記入して準備は終了。あとは本番のみです!

そして換気扇、天井の無くなった空間を眺めながらどのように設置するかをイメージして…やっぱり露出に決定!セブンスは完全木造でありますのでわざわざ換気扇を露出にする必要はないのだけども、出ちゃってる方がRC工法のガレージっぽくていいじゃん。そうする事によって換気扇の塗装とかダクト管をどういうのにするか楽しみが増えますからね。

明日はムサシへ行って必要な資材をごっそり買い出しに行ってきます、リフォーム資材を自分でホムセン行って買ってくるっていいよねぇ~、根拠は無いがアメリカンスタイルって感じだ!

2013/08/26

拘置所のある熱帯魚屋 7

初日の解体作業は無事に終了しました、外された便器は店の前に置かれておりますが、何故かその光景がしっくりくるのであります。

コンクリートをバリバリと砕く音は日曜大工の電動工具とはケタ違いのサウンドで、いよいよ始まったんだなぁという実感をさらにかき立てます。たった半日でトイレの壁と便器が消えてなくなりましたが、その時点で発覚した驚愕の事実。
トイレを作り直す理由の一つが土間下部分に水漏れの形跡があったので、一度壊さなければ水漏れを止めることができないというものだったのですが、消えたトイレの跡を見ても何も無い。
いやぁ~、何も漏れていなくて良かったですなぁ。

………。

 …それってトイレ壊す必要無かったんじゃねぇの!?おい、どうすんだよ、もう二つとも便器なくなっちまってんじゃねぇかよ!いやぁ~いかにもセブンスらしい展開になってきたじゃねぇか、この事が家族にバレたら勘当もんだよ?貯金使い果たして「意味ありませんでした」だからね。それにしても施主が俺で良かったよ、普通なら「金返せ!」って言われちゃうよ。

はい、というわけで今回の工事は単なる「トイレ遊び」になりました。贅沢な遊びになりましたので、こうなればトコトン楽しんでやりましょう。
夕方に解体屋さんが帰って天井を見ると、そのまま屋根裏までスコーンと抜けていました、その柱にはトイレ周りの電気配線の親玉と思われるグシャグシャした塊が貼り付けられておりました。「うわぁ~、あんなのどうにもなんねぇよ」としばらく見ていましたが、ソレをやってくれる人は誰もいないわけで、俺がやらなきゃ先に進まないのです。
気持ちを切り換えて脚立を登り、まずは現状をよく観察することから始めます。全部で9本あるケーブルの赤や黒や白が絡み合っている状態でしたが、運良くそれぞれが何につながっているのかマジックで書いてありました。
うんうん、なるほど、取り回しは雑だけど、たしかに教えてもらったのと同じ方法でやってある。解体にジャマになりそうな所だけのケーブルを撤去して、残りは現状保存。そのまま机の上に紙を広げて新トイレの配線図を自分なりに描いてみた。そうか!赤線は必ず黒につなぐ事になるし、白は最終的にコンセントとスイッチの個数に電源分の1本を足した数になるはずだ、作業中にその数を確認するだけでも配線ミスを減らせるはず!(ですよね?)

よぉ~し、電気工事みえてきたぁ!となればそろそろ電コネとかケーブルが必要になってきそうだぁ(棒読み)。

初日でこれだけの大盛況、これが一週間以上も続くわけで。

2013/08/25

拘置所のある熱帯魚屋 6

しつこいようですが、しばらくはこのタイトルが続きますよ~(毎日いろいろ考えるの大変なんだぜ)。

俺的に緊張しているんだと思う、なんだろうかこのただ見ていればOKだった格納庫の時とは違うソワソワした感じというか、経験したことのない作業を時間制限のある中で完了させなければいけないプレッシャーのせいだと思うが、とくかくじっとしていられないのだ。

今回はいろんなモノを可能な限り再利用する予定で、換気扇もその一つ。2個あるうちの程度の良い方を選んで掃除をしておく。ドライバーを使って分解し、モーター以外の部分をタワシで豪快に水洗い、15年経過してるとは思えないほどキレイになった。さて、この天井埋め込み式換気扇…新トイレは今よりも50cmほど天井が高くなると思うので同じ位置に設置すると本体が露出することになってしまう、そして外に伸びているダクト管を見る限り設置位置の変更はできないような感じ、元々埋め込まれる製品なので本体デザイン的な配慮は一切ナシ、だがなぜかそんな飾り気のない無骨な姿がやけに魅力的に見えてはこないか?…塗るか!?とりあえずは水が乾くまで保留っと。

今日のうちに天井裏に上って電気配線を抜き取っておかなければいけないので、久しぶりに点検口のフタを外して中をのぞくと推定75℃の熱気が…こちらも保留。

そしてさらに、新トイレの雰囲気に合わせて店内の掲示物を作り直す事にして作業を開始しております、まずは流木の特徴やアドバイスなんかを書いたやつから。それにしても店作りのコンセプトの中心がトイレってすごくね?もし、タウン誌なんかの取材が来て「お店のイメージはどんなコンセプトなんですか?」って聞かれたら「トイレです」って答えるわけでしょ?意味わかんねぇよそんなの!
まぁ、たぶんいかなる業界の取材であっても今の私はトイレとミニ四駆の話しかしませんからね。

Q.「どんな水草が好きなんですか?」
A.「そうですね、低い感じのスラッとしたスタイルのがいいですね、 ライジングエッジみたいな」

2013/08/24

越後のウィル.スミス

夏休みも終了間近になった今日、息子が久しぶりに算数の宿題プリントをやったらしく、それを見た妻が「小学2年なのに足し算ほとんど間違ってるよ!」と落ち込んでおりました。
小学生の頃は生粋のドラえもんマニヤだった私にとって、泣きながらやった宿題の足し算がほとんど間違ってるようなリアル「のび太」が目の前にいる事の喜びの方が大きかったです。「他の誰もができてるのにウチの子だけできない」という事象に対して、私は何の興味もありません。仮にできるようになったとしても、それは他の子と同じになるだけで何も面白くありません。

中学時代ハジメ君という少年がおりました。採点の終った数学のテストの解答用紙を見て「やった!マルが一個あったぁ~!」と喜んでいたのですが、その後すぐに落ち込んでおりました。それはマルではなく、ゼロだったというオチです。

それは私の中で今も伝説、息子も数々のレジェンドを生み出してくれることでしょう。

2013/08/23

拘置所のある熱帯魚屋 5

文明社会から離れた生活をしていたため準決勝、決勝共に結果すら確認することができなかった夏の甲子園、地区大会からチェックしていたにも関わらず、大詰めでまさかの完全スルー。球児と共に俺の夏も終ったかと思ったが、まだアレが残っていたでないか!?

出勤したら駐車場に仮設トイレが置いてあり、いよいよ始まる緊張の夏、トイレの夏、次週月曜よりついに解体作業からブレイクインであります。特に今回は自分でやらなければならない事が多く、まずは解体が始まる前に照明や換気扇などを取り外しておかなければなりません、運良くトイレ関係だけブレーカーが分かれていましたので電源をカットし、壁スイッチや機具からケーブルを外します、今後のためにどのように配線されているのか良く見て勉強しておきます。とりあえず目立つ機具は全て取り外しましたが、できれば屋根裏に行ってダクト管とかも移動させておいたほうが良さそうな気がするのですが、屋根裏作業は時間と気力の余裕が必要なので後日に保留。屋根裏はサウナ超えの灼熱ゆえ、できれば避けたいところなのだが…。

はっきり言ってセブンスカップ同様にどうなるのか、何が起こるのか私には全く想像できません。とりあえず月曜からは仮設トイレしか使用できなくなりますので、腹の調子が悪い人はまずコンビニで済ませてきてください。大掛かりな作業は10日ほどで終ると思いますが、一応その間も普通に営業しております、格納庫工事に比べれば地味なもんですので、そのへんは大丈夫でしょう。

駐車場に置かれた仮説トイレを見て、コレがもっともストイックで侘びたトイレであるような気がしてきました。これで完成でいいんじゃねぇの?

2013/08/22

ルパン三世のアジトに最適です

夏休み最後の休日を利用して二日間家族に奉仕してまいりました。外泊で盛大にと思ったのですが、子供が2人とも小学生になると宿泊料金も大人並みになるところが多く、4人で泊まるだけで諭吉が飛び交う出費になるのでなんとかならぬものかと考えていると、キャンプ場のコテージなら人数に関係なく1泊1万円前後でいける事が発覚、さらに調べるとエアコン冷蔵庫トイレ付き、さらに風呂は近くの温泉施設利用可能というもはや「キャンプ」と呼ぶにはぬるすぎる最高の施設を確保。
川遊びなどは通常のアウトドア並に楽しませていただきましたが、食事はIHで煮込んだ鶏肉カレーにガソリンストーブでさっと炙ったナンをひたしてサラリと済まし、温泉浸かってさっさと就寝させていただきました。お隣のコテージでは大所帯でバーベキューと意気込んでおりましたが、彼らから見ればあの家族は何を楽しみに来たのだろうか?と思われたはず。
それでも壮大な岩山の麓にあるキャンプ場で景色を見ながらのカレーや、朝食も川のせせらぎと鳥の声を聞きながら炙ったパンを食べながらコーヒーを楽しむなど、 これはこれでスマートなキャンプの過ごし方なのではないかと思いますし、なによりも後片付けがラクなのが良いです。
唯一「キャンプ」だったのは寝る場所が床だったことです。私は野宿道具を持ってましたので支障はなかったですが、その他のメンバーは暗闇から度々唸り声が聞こえましたので忘れられない夜になった事と思います。

二日目のメインはマリンピアです、上越水族館に(勝手に)出入りする人間としてリニューアル後の偵察は欠かせないのであります。外内装や外の施設はとてもキレイになって清潔感が格段によくなりました、展示水槽も増設されたのがあって、いわゆる「いまどき」の水族館になったと思います。ですが、施設が良くなった分だけイルカの存在感が薄くなってしまっているんです、今までの古い時は明らかにイルカが主役でマスコットの役割を果たせていたのですが、イルカ施設が今までとほとんど変わっていないため、どれも中途半端な感じになってしまっていてつかみ所がありません。どうせなら2ヶ所あるドルフィンスタジアムを一体化して頭数も増やして、日本海側でブッチギリ最大のイルカ施設にできたと思いますし、サンゴ水槽も同じようなのは2本も必要ないので巨大な1本にしたほうが施設の個性が出て良いような気がします。めったにないリニューアルのタイミングだったのに「とにかくやりたい事を全部やろう」みたいな事になったような気がしてなりません、新上越水族館の企画書も見せてもらいましたが、これの二の舞になりそうな気配もあったのでちょっと心配です。家でできるような事をわざわざ水族館でやる必要はありませんし、現実的な事をやっていてはお客さんは現実を忘れるほど感動してはくれません。

それにしても、開封後5分で放置されるような商品が飛ぶように無くなっていた売店の売れ行きだけは理解不能です。

2013/08/21

毎週水曜日のお楽しみ ミニ四駆セブンスカップZERO情報 インプレッション編

今日は夜に書く時間がなさそうなので早朝からマニアック全開でいっちゃいますよ~!

ついに我が家では本番と同じレイアウトのサーキットが組みあがりました、各セクションに変更は無く、デルタ(もどき)バンクや登り芝ゾーン、そしてダブルスロープセクションが代々のご先祖が眠る仏壇の前に展開しております。実際に走らせてみるとマシンが想像もしていなかった動きをしましたので、参加レーサーは事前のフリー期間を有効に使った方が良さそうです。

それでは実際の走行インプレッションにまいりましょう、現在の私のマシンはAR SD 3.7:1 大径ホイール仕様になってます(ついてこいよ~)、それ以前はフロント小径ホイールだったので、フロントアンダーガードと路面のクリアランスが1mmギリ程度でした、その状態では芝の入り口の段差で極端に減速してしまい、バンクを登る速度が非常に遅かったので前後とも大径に交換したところかなりスムーズになりました。ただ、息子のもフロント小径ですが特にロスが無さそうなので結局私のフロント1mmに問題があったようです。この登り芝ゾーンが地味ながらも周回全体のリズムを決める重要なセクションな気がします、芝とバンクで減速してしまうと一周回ってやっとスピードにのった所でまた減速してしまい、いつになってもトップスピードが発揮できません、モーターへの負担も考えるとスムーズに通過できるようなセッティングが必要かもしれません。

そしてバンクを下りた後のダブルスロープですが、バンクの登りでスピードが落ちることもあり、1個目のスロープの着地点は大抵ブリッジの下り部分かその先の谷でした、いわゆる「谷越え」は相当な偉業になりそうですし、達成者には高ポイントが予想されます。そして予想通り難所は2個目のショートスロープです、1個目の着地で体勢が崩れかかった状態で2個目を飛ぶので着地姿勢がかなり暴れます、マスダンパーを装着していますがひどい場合はフェンスに乗り上げたままヘアピンに入るのでコースアウトしてました。お世辞にも私のマシンはバランスが良くありませんので、素直に組めばなんて事ないのかもしれませんが、とりあえずハプニング続出の見せ場になるのは間違い無さそうです。

バンクの攻略は車体の軽さであるのに対し、ダブルスロープはマスダンパー。この相反する事象にどのように取り組んでくるのか非常に楽しみです。ちなみに息子はMA MD 3.7:1 ですが俺のより余裕で速いです(笑

フラットコースとは違い、何が起こるかわからないサーキットですので1レース約20秒間で順位が激しく入れ代わります、いかにもセブンスカップらしいといえるでしょう。来週はサーキット全貌の画像を掲載できるか!?

2013/08/20

くさやジャム

晴れれば猛暑、雨なら豪雨、メリハリの効いたすばらしい夏であります。シャワーの中をバイクで走っているかのような状況で、午前中に気力を使い果たし、いつものように午後は店でグッタリしていようかと思ったのですが、そういえば…盆明けに掃除をやろうと思っていた水草ストック水槽が放置されているのに気づき、初老の体にムチを入れてスッキリさせてやりました。
あとは洗浄したまま放置されている山水石(だったっけ?)に値段をつなければいけないのですが、その気力は残っていませんでした。

夏の味覚というのか?夕食に緑色の豆腐が皿の上に出ていました、母が言うには枝豆味の豆腐だという事で何も疑いもなく一口…甘からず、辛からず、旨からず。なんて定番のオチなんてもんじゃない、人生でブッチギリでトップの激マズである!口に入れた瞬間に妻に毒を盛られたと思い、まるで長野原さんのようなリアクションで流し台まで走って行って吐き出し、口の中を何度も洗浄して改めてパッケージを確認しても賞味期限は問題ないし、しかも有名食品メーカーの商品だった。
きっと商品化されるまでには何人もの社員が何度も味見を繰り返してきたであろうに、誰も何も言わなかったのであろうか?もしくはワンマン社長が「これウマイな!」と言ってしまったばかりに誰も意見できなかったのだろうか?

猛暑でもうしょわけございません。

息子が店にいるときは「父の威厳」向上にご協力お願いします

息子の夏休み製作というのを手伝うために、初めて13時から19時までの営業時間中ずっと息子と店にいました。6時間の滞在時間中に店長が行っていたことは、差し入れでいただいたコーヒーを飲みながらたわいも無い話をしていたり、不安定な家庭事情の疲れた話に耳を傾けたり、とても新婚とは思えないショッキングな夫婦事情のノンフィクションにショックを受けたりしておりましたが、そんな私の姿を見ていた息子は「父の仕事」というものをどのように受け止めたのでしょうか?子は親の背中を見て育つといいますが、自分でスプレーしたTシャツの背中を見て、せめて自分だけはまともに生きようと思っていただければ幸いです。

そんな息子宛に親戚からヘリコプターのラジコンがプレゼントされました。飛ぶラジコンとえいばどれも超難易度で、とても小2の息子が扱えるとは思えなかったのですが、それはWiiリモコンのようにリコモンを前後左右に傾けるだけで感覚的にある程度操縦ができてしまうという優れものでした。技術はここまできているんですなぁ、操縦系のラジコンはその難易度ゆえ攻略してゆく過程が最大の楽しさであると思うのですが、ここまで進歩してしまっているのならオスプレイを操縦しているのも幼稚園児レベルなのかもしれません。

乗り物の運転が快適になるほど運転技術は低下します、事故を防ぐのは車ではなくドライバー自身でございます。

2013/08/18

高校野球は日本全チーム甲子園でトーナメントにすれば半年楽しめる

発売はかなり前ですが、ADAのウォーターフォール30を在庫することにしました。ただし、店舗改装前で置く場所が無くてとりあえず奥の工房に置いてありますので、見たい人は遠慮なく声かけてください。

午前中は久しぶりの水槽納品作業でしたので気合を入れました、運搬車はもちろんワーゲン、そして先日作った自作Tシャツ!見えてはいけないものが見えないように、下にドライシャツを重ね着して演出は万全。オーナー様ご家族が待つご自宅へ夢とロマンをお届けしてまいりました。
これぞセブンスクオリティ、営業中休む暇もなく接客続くA級アクアリウムショップ様にはマネできません。そして午後の営業中には「男の夢とロマン」に華を咲かせるのでございます。

1000分の1秒争うドラッグレース、言ってしまえばマシン競技のタイムは金で買えます。男のロマンとはそのレースでいかに観客を喜ばせることができるかでございます。60cmの海水水槽でも演色と水流を駆使すれば照明は3Wで十分。

「それでいいのだ」はB級を極めた偉人の名言で申し訳御座いません。

2013/08/17

まだ腹の調子が良くないです

この夏の甲子園は有力候補と言われていたチームが次々と姿を消していて、しかもそれに勝ったチームは運やマグレではなく、それなりの実力を兼ね備えているからもっと驚いた。早くも残るチームは8校に絞られ、大会はいよいよ終盤戦に突入…少しずつ夏の終わりが近づいてきました。

そんな哀愁の寂しさをグレーとバイオレットで表現した「ソリッドステッカー 夏の終わり.Vr」を気まぐれ製作いたしました、虫歯菌が主役のソリッドステッカーをカラーアレンジしてセブンスステッカー初の2色構成に挑戦、今までの単色とはまた異なる淡い感じが季節感を醸しだしております。店頭展示はしませんから気になる人は「夏の終わりバージョン見たいです」と言ってください。


トイレ工事開始までいよいよカウントダウン状態です、予算削減により電気、佐官(一部)、塗装、板金作業は全て自前、たぶん期間中は連日夜まで残業の日々になると予想されるので終る頃には完全に灰になっているでしょう。セブンスの夏は最後まで熱いです!

2013/08/16

親父が「このマス寿司温かいから出来立てだぞ」と言ってたのを食べたら6時間後に全部出た

毎年夏に遠くからオートバイに乗って来てくださるお客さまが来てくれました。昨年までは国産でしたが今日見たらドゥカティになっていました、私もオートバイ乗りの1人ゆえ、それにのる理由に自分の価値観をぶつけるアホな事は言いませんが、一言だけ言わせていただくなら…

   「タチの悪いドロ沼の世界へようこそ」

暑さと子供の相手で疲労がピークになっているようで、開店早々にぬるくてマズい栄養ドリンクで闘魂を注入。高校野球を聞きながらじゃなければ椅子から立つ気力も無かったが、いつもの水槽掃除を終らせて、日曜に納める海水水槽の下準備を進めました。海水なのでスクリーンは白を貼ろうかと思っていたのですが、ちょっと遊んでみようと半透明のプラ板を切って背面に貼ることにしました。両面テープだと後々残念な事が多々起こるので、マスキングしてからシリコンで固定してやります、これならガラスとスクリーンの間に水がに入ることもないでしょう。しかもシリコンは水槽壁面と同じ幅に塗ったので、外観は全く損なわれておりません。

半透明にしたのは今回水槽を設置する裏側がスッキリしていて、何も隠す必要がないからです。どこぞや水族館でもやってますが、水槽の奥の壁に当った光が半透明のスクリーンから透けて見える姿が独特な奥行きを感じさせてくれるわけです。

セブンスが「当店のおすすめセット」なる販売方法をしていないのは、千差万別ある設置環境で固定された「おすすめセット」など存在しないからです。完璧に快適な物が至高であるとは限りません、面倒な物を確信をもって提供する店にはカネで買えないモノが溢れています。

2013/08/15

入荷情報

この二日間の休みをお盆らしく、夏休みらしく、平凡かつ過激に過ごすことができました。それゆえこの猛暑にもかかわらず、店にはほとんど行っていないため魚が無事なのかもわかりませんが、とりあえず火曜日には生きていた生体の入荷情報をお届けします。

淡水
・ペンギンテトラ
・ディープレッドホタルテトラ
・ゴールデンハニードワーフグラミー
・オトシンクルス
・ヤマトヌマエビ
・シロメダカ

海水
・デバスズメ
・ハマクマノミ ペア
・ニセモチノウオ
・フタイロカエルウオ
・クビアカハゼ
・ヤノダテハゼ
・シライトイソギン
・コモチハナガサ グリーン
・イシナマコ
・ヒメシャコガイ

水草
・クリプトパルバ

さぁ、どれだけ生き残っているでしょうか?明日出勤するのが怖いです。

2013/08/14

毎週水曜日のお楽しみ ミニ四駆セブンスカップZERO情報 レギュレーション編

さぁ、水曜日がやってまいりました!今週も今日だけはガッツリとミニ四駆を語らせていただきます。

現在我が家の仏間サーキットはお盆期間のため解体中ですので、走行インプレッションは次週にたっぷりお届けするとして、今日はセブンスカップ公式ルールについて詳しく説明いたします。

今のところ本番の参加予定エントリーは9名(推測含む)です、参加人数にもよりますが、予定では二人ずつの総当たり戦です、ジャパンカップ等では一発勝負でほとんど一瞬で終わってしまいますが、セブンスカップは大会経験を養ってもらう意図もありますので、なるべく数多く走る機会を作ります。試合数によって電池を交換するなどの駆け引きも経験できます。

仮にエントリーが10人いたら9レースあるわけですから、スタミナ配分や予備電池の用意が必要かもしれません。

続いて最優秀選手選出要項ですが、先週書いた項目を考慮の上、私が独断で選考します。速ければ勝ちという一般的なルールとは違い、確実に物議を呼び後味の悪い空気になるのは必至。あれほど採点競技が嫌いだと言っておきながら自分でやってりゃ世話ないですが、逆にそうじゃなきゃセブンスカップらしくないとも言えますので優勝目指して頑張ってください。

先日息子が走らせていたときにフロントバンパーが根本から折れて「くっ付けてください~!」と、泣きそうになって私の所に持ってきました。そんな姿を見て「これが本番で起きたら間違いなく優勝候補だな…」と思ってしまいました。
草レースではありますが不正は厳禁であります!スタート前にシャーシに切り込みを入れておくなどの「仕込み」はご遠慮ください(ただし、バレバレなのは可)。

選考にはどのシャーシを使っているのかも大きく影響します。タミヤの公式サイトでは各シャーシの性能を分析したグラフを見ることができます、単純にこのグラフの評価が低いほどポイントが高くなります。また、使用パーツに関しても不人気な物ほど高ポイント、不人気パーツの隠れたポテンシャルを引き出す事が出来ていれば勝利は近いかもしれません!
全てに言える事ですが、結果的に速くなければ意味がありませんから「狙いすぎ」は危険です。
(ややこしいなぁ…)

使用コースはジャパンカップジュニアサーキット(3レーン)で、バンクやスロープも全て純正セクションを使用します。それを1レース6周でフィニッシュにします。

お問い合わせは店頭にて何でもお答えいたします。大会要項、カスタム相談、全て私にお任せください。

2013/08/13

14日、15日はお休みですよ。

久しぶりに朝から晩までまるで熱帯魚屋さんのような一日でした。

朝、運送会社の営業所に生体を受け取りに行くと遅れが生じていてまだ届いていないと。帰省ラッシュか昨日の東京での停電のせいなのか理由はわかりませんが、その騒動のせいで朝から店と営業所を何往復もしていたらそれだけで疲れてしまい、残りはマッタリやろうかなぁなんて考えることは許されず、夜7時の終業時間までガッツリ働かせていただきました。
明日と明後日の定休日はお盆でメンテナンスクライアント様もお留守ゆえ、水槽にトラブルさえ起こらなければ私にとっても久しぶりの2連休になりそうです。

ほとんどのお宅に届けられたと思いますが、店にも電気料金値上げの通達が届いておりました。電気に頼る部分が大きい業種ゆえ、それなりに影響もあります。単純に店の電気料金だけ上がるように思えますが、生体の出荷業者も同じように電気を使っているわけですから、魚の仕入れ価格も上がるでしょうし、製品の製造コストも上がるわけですから商品の値上げもあるかもしれません。
これで悲惨な原発事故の温床が少しでも減るというのならそれでいいと思いますが、値上げの前にまだできる事が山ほどあるように思えます。国会議員も増税の前に黒塗りの車ではなく、軽自動車にするべきです。
大勢の皆様に支えられているおかげで、セブンスの生体はたとえ消費税が10%になったとしても1円たりとも価格の改定はありません。ハードウエアとは違い、生き物の価格は店のオーナーが決めています、今まで私が掲げた価格を支持していただいた気持ちに応えるためにも変えるわけにはいきません。
仮に価格維持が限界に達しても、子供の小遣いをゼロにして、妻には1年間同じ服を着てもらえばいいだけの話、俺には何の影響もありません(あんた鬼だよ)。

まぁ、電力にしろ政治にしろ私たちには見えない何かがいろいろあるんでしょうけどね。ちなみにセブンスTシャツですが、白のリーバイスで作成したところ、見えてはいけないものが見えてしまいましたので、次回ネイビーで作り直します。

2013/08/12

セブンスのお盆営業は通常通り水、木曜定休です

明日届く生体の入荷準備とか、来週納品の海水システムの用意とか、やらなければいけないことがたんまりあるのですが、差し入れでいただいたコーヒー飲みながら人工芝を切ったり、クニャクニャしているプラスチック製品を眺めているうちに一日終りました。

午前中は熱中症覚悟でワーゲンで出かけていましたが、どこの店も休日に近い様子だったので世間ではお盆休みが始まっているようですね、今年のセブンスのお盆営業は通常通り水、木曜定休です。この猛暑の中で水槽かまうなんて猛者はいないと思いますが、コスモ燃えてるクレイジーなヤツがおりましたら全力でサポートさせていただきます。

遠方からのご来店を予定されている方がいらっしゃいましたら、9月後半の連休でのご来店をオススメします。現在のセブンスはトイレ工事準備で陳列棚が無くて商品を選びにくいのと、店内が何ともいえない妙な雰囲気になっています。9月前半の連休が終った頃に凛とした熱帯魚屋に戻りますので、あと1ヶ月ほど待っていただくと良いかと思います。

さぁ、この後は世界陸上生中継「夜のウサインボルト」はゴール早すぎ申し訳御座いません。

2013/08/11

野望と義、情、そして恥

迷惑千万覚悟の上での店内ラジオ放送、それにしても昨日と今日の甲子園は好試合ばかりで織田裕二の解説がやっつけ仕事にしか聞こえなくなるぐらいの感動をもらいました。まさに努力に勝る天才無し、血と汗を流しながら練習してきた者同士のぶつかり合いだからこそ、あのような試合になるんでしょう。

あのような汚されていない試合ばかり観ていると、プロみたいに金で有能な選手を集めて勝ってるチームの試合に嫌気すら感じてきてしまうもの…そんな高校球児に教えられた事は、高性能な機材を使って優れた作品を作って、それを「私が作りました」と胸を張って言うのは恥ずべき事なのではないか?と。最低の性能の物で、最高のパフォーマンスを魅せてこそ真の勝利と言えるのではないか…と。

私、本日未熟者。またしても教えていただきました。

2013/08/10

セブンスパックインジャーナル Vol.215

伝説の両刀MCこと愛川欽也氏に敬意を込めてパックインジャーナルのタイトルを受け継がせていただきます。

今月より気が向いた時だけお送りするセブンスパックインジャーナルはアクアジャーナルが20倍楽しくなる俺目線での独断解説をお届けしちゃいましょう!ちなみに出版元から差し止めが来た時点で企画は終了します。

さぁ、本日手元に届いた215号。白地にスカイブルーのコントラストはかなり良かったですよ、この季節に店頭に置いても絵になります。今回はすみだ水族館に新たな水槽を設置するという話題のようです、本文では「水族館側から依頼がきました」と書いてありますが果たして事実なんでしょうか?私が察するに「今までの2本だとウチの製品アピールとしては足りないだろ?だからキャビネット使ったフルセット置くべきだろ?」みたいなことを巨匠が言ったのではないかと思います。写真ではキャビネットの扉は閉じられていますが、そのうち中のフィルターとか見せるために開放されるのではないでしょうか?
12ページの製作場面ではギャラリーにある水槽を解体してそこの草を使ったということで、ギャラリー入り口にあった水上ボルビのやつもついにバラしたみたいですね、たしかにあの水槽は生体もヤレてきていましたが、水槽のシリコン自体もかなり劣化していて限界が近かったようなのです。まさにちょうどいいタイミングだったんでしょうね。ちなみに私にも水族館から依頼が来たら180バラします。

次に目が止まったのは29ページ、巨匠が珍しい服を着ております。起きてそのまま出勤してきたんじゃないかと思うような出で立ちですが、それにしても巨匠痩せたんじゃないかなぁ?酒の飲みすぎで糖尿病(もしくは通風)発症で医者からかなりキビシく言われてんじゃないのコレ?なんて思いながら次のページ見たらホラ、安静にしてろって言われてんのに病院抜け出して会社来ちゃったよ!もういい歳なんすから無理しないでくださいよ(顔色悪いのは照明のせいか?)。

そしてラストは最終ページ。NHKに出ちゃうんですね、俺は「美の壺」を毎回録画するぐらいスゴイ好きだったのに…。 

とまぁ、こんな感じで気が向いたときだけぶった切ってみましょう(今回はまだパラっとしか見ていないので、次回からはもっと濃くなります)、これで1冊でも多くジャーナルが売れるならいいんじゃないでしょうか?500円ない人はクーラー効いたセブンスでいつもでも読めます。

2013/08/09

セレステ ナマステ~

アクアジャーナルはまだですが、山水石というのが届きました。こないだ発売された苔石と見比べてみましたが同じ石としか思えません。わざわざ別名で販売する意味はわかりませんが、仕入れてしまった以上はバリバリ山積み販売いたします。

散々な事書いていますが、9月に作る予定のミニSにはたぶんコケ石を使うと思いますよ、今まで数々の石素材がADAから販売されましたが、このコケ石ほど魅力感の無いものはありません。だたし、別の角度からそれを見るならばこれほど「道端の石ころ感」の強いものは無いということです。己を主張することを知らない無垢な存在感が私のくすぶっていたB級感に火をつけたのでございます。

この石のおかげでミニSの製作構想は完璧に出来上がりました、実は使用する草も少しずつ集めているところです。過去に私が見てきた水槽で建築物とその水槽に置かれた空間、さらにはオーナーの生活スタイルにまでリンクした水景が収まったものは見た事がありません。来月、皆様はセブンスにしか存在し得ない驚愕の30cmの世界に釘付けになります。

2013/08/08

高校時代の弁当は30円のベビースター

夏休み突入から今日まで、天気が悪いとか映画に行こうとかでなんとかごまかしていましたが、さすがにこの夏空では言い訳ができず、海へ行くことになりました。

高校時代を過ごした第二の故郷でもある鵜の浜海水浴場、友人と火を燃やしてバカ騒ぎをしたり、飲み明かして記憶を飛ばしたり、フラれて泣いたり…良くも悪くも思い出深い場所です。平日なので誰もいないかと思いきや日よけテントが所狭しと並べられていての大盛況、今まで天気が悪かったせいなのか?とにかく不快なほど人が多かったです。
海に来て泳がないなんてもってのほかですから、さっそく子供と着替えをすると…まさかの海パン忘れの大失態。妻の冷ややかな視線を浴びながらテントの下で1人座って見学となりました。
炎天下で座っているだけのなんと面白くない事か、周りの人間は海の中ではしゃいでいるというのに…。
また一つ、鵜の浜の思い出が書き加えられたのでありました。

さぁ、開幕しました夏の甲子園!ラジオで選手宣誓を聞いていて、今年の宣誓は冷めてるなぁと思ったのですが、後からテレビで観たらなるほどそういうキャラの選手なんだなと。消防の号令みたいに何言ってるかわからないぐらい気合入れるのもいいけど、たまにはこういうクールな奴もアリなのかもしれませんな、試合もクールじゃ困りますけど。そして日本文理、良かったんじゃないでしょうか?盛り上がった所もありましたし、何よりも来年に繋げようという意思がバンバン伝わってきましたよ。それにしても大阪強えぇなぁ、清美のピッチャーと戦わせてぇ!

ついに新潟にも猛暑到来ですが、私も球児と同じぐらい燃えてみせましょう。お盆も普通に水、木曜定休だけで通常営業します!

2013/08/07

毎週水曜日のお楽しみ ミニ四駆セブンスカップZERO情報 サーキット編

「あの家電量販店よりも、抱き合わせ商法老舗玩具店よりも、白いバッティングセンターよりも先に上越でミニ四駆大会をやっちまおうぜ!トイレ完成(予定)記念セブンスカップZERO」開催まで毎週水曜日は優勝を本気で狙うアナタのために、とっておきの攻略情報をお届けします!

現在我が家ではセブンスカップ本番で使用するサーキットのシミュレーションを行っております。会場となる格納庫の床面積は1.6×7メートルという極端に横長な環境なので、自宅の障子戸などをありったけ外して何とか場所を確保しました。実際に目の当たりにして分かったのは、1.6メートルというのが相当な制約になってしまい、複雑なコースレイアウトができないということ。万が一、セブンスカップを毎年(たぶん1回限りだろうけど)開催したとしても同じコースになってしまうかもしれないぐらいの厳しさでした。そんな制約の中で可能な限りの思考をこらして試作段階まで出来上がりました。
まだ届いていないセクションパーツがあるので確定ではないのですが、早めに発表しておかないと俺だけ有利になってしまう(たぶん本番は俺だけ超アウェイなんだろうな…)ので、本日発表しちゃいます!

まず、スタート直後はストレートセクションを7枚使う予定だったセブンストレートが伸びてます(実際は4枚…)、ここが当コースで一番のトップスピードになるところです。十分加速したところで180+α度のヘアピンが待ち構えます、特にインコースはキツイと思うので、ローラーセッティングが試されるところです。向きを変えたところで、ウェーブセクションを使用した細かいコーナーが続きます、コースアウトはないと思いますが、ストレートからの勢いを殺さないようにしましょう。ウェーブの次はレーンチェンジで、それを過ぎると今度はコーナーセクションを使った大きなウェーブがあります、レーンチェンジの下りのウネリからウェーブに続くラインが芸術的でマニヤはここで萌えます!ウェーブですっかりスピードを削がれたマシンの前に現れるのはバンクアプローチ、しかも上り下り共にストレートセクションを加えたロングバージョン。さらに!前代未聞、上り部分に芝を敷いた「上り芝セクション!」さすが非公認、何でもアリです。最近流行りの低重心、ハイギアードマシンをここで徹底的に痛めつけます!
逆にバンクの頂点を越えれば今度は下り坂での急加速、そして本サーキット最大の見所である「ダブルスロープセクション」キターッ!!
ファーストスロープは間にストレートを1枚挟んだブリッジになってます、スロープを下りたところにまた1枚ストレートがあり、次にセカンドスロープ、こちらは間には何もないショートタイプです。今自宅にあるのはファーストだけですが、それでどれだけジャンプするか試したところ、標準セッティングで下りスロープ後のストレート付近、高速セッティングではそのストレートを越えています。つまり極限までジャンプ飛距離を伸ばせばファーストからセカンドの下り部分まで飛べる可能性もゼロでありません。はっきり言って、これを成功させればブッチギリです。ただし、セカンドの上りやテーブルトップに着地しようもんなら確実に餌食になる事でしょう。ダブルスロープはマスダンパーはもちろん、マシンバランス全てが試される勝利への登竜門、これで1周となるわけですが?それはつまりダブルスロープ攻略の安定感が続くセブンストレートでの加速にもつながるというわけです!

どうよ?熱帯魚屋が考えたとは思えないマジなサーキットでしょ!?(投資金額もハンパ無いし)
これで誰も来なかったら泣くよ。

2013/08/06

小学生の画く人間は全身の関節が外れている

午前中に大道具が必要な作業があったので久しぶりにワーゲンを引っ張り出して仕事に行きました。ジワジワと用意をしているのもののプレートの取り付けがまだなので営業車としての雰囲気はまだありませんが、今年はバリバリ働いてもらいましょう。そのまま店に乗ってきたので炎天下ではありましたがカンタンつるピカスプレーみたいなので磨いてやり、稼動範囲がフロントガラスの枠外まで広がっていたダルンダルンのワイパーのネジを締めなおしてシャキッとさせてやりました。

龍王石は全て木箱に入れて山積み、まだまだ在庫ありますオールドブラックもスチールのコンテナに入れ替えて店内の床がちょっとスッキリして車椅子での移動も楽になったと思います。完全バリアフリーとは言えませんが、最低限のお買い物は楽しめるはずです。(9月の連休中だけは許してください)

もう少し先かと思っていたES-150が今日届きました、拝見希望1番のお客さまと開封の儀式をしようかとそのままにしておいたのですが、諸事情によりお先に拝見させていただきました。たしかコンパクトです、モーターの初期不良が無いことを祈ります。一応これは販売用なので激しく開封することはできませんけど、在庫があればいつでも見れますので声かけてください。購入希望でしたらウチには在庫1台しかありませんのでお早めに!しばらくすれば落ち着くとは思いますが、発売初期は入荷が不安定になるかもしれませんのでご了承ください。

今日はちゃんと仕事の話が書けたなぁ、俺らしくないか?

2013/08/05

そろそろ「ベスホリ」の出演オファー来ないかなぁ?

高校野球組み合わせ抽選結果、思わず二度見してしまったよ。これ生中継で観てたかったなぁ、決まった瞬間になんとも言えぬドヨメキが起こったのではないか?これを運が悪いと捉えるか、良しとするか?初戦から強敵は不運だけども、優勝候補と戦える事はかけがえのない経験になるわけで、どちらにしても熱い試合をしてくれれば全てよし。
地区大会決勝の時はラジオとテレビを使って観戦していたのだけども、実力では村上桜の方が上だったと思う、だけど高校野球は連戦で負けたら終わりの一発勝負、文理が勝ったのは「選手層の厚さ」の違いだったのではないか?地区予選から甲子園まで続く連戦を乗り切るには1人の天才だけではどうにもならないのかもしれない(過去にはそれ以上の怪物もいたけど)。

夏の甲子園かぁ…。

お盆前のメンテ業務ラッシュが続き、体力やや低下気味。半日手に入った休暇も家にいれば夏休みでヒマな子供に揉まれて余計に消耗するし、ならばと奮発して金色の箱に入った栄養ドリンクを流し込んだら関係ない所だけ元気になるし…。今が正念場か!?もっと仕事に熱くなれ俺!燃え上がれ俺のコスモーッ!

暴走した私は止まらない、愛の水槽仕事人はベサメムーチョで申し訳御座いません。

2013/08/04

とん汁サービス付き

真夏の祭典「やすづか部品交換会」今年も行ってまいりました!

朝4時20分起床、着替えて顔を洗ってミンチョで家を出たのが4時30分、空はうっすら青白いぐらいで夏至が過ぎて日が短くなっているのを改めて感じます。それにしても開始時間早すぎだわな、歴史の長そうなイベントですが、最初に「5時からやろうぜ!」と言ったバカヤロウはどいつなんでしょうか?(それに賛同したやつらもいるわけだし)
交通量皆無の早朝の道をスロットル全開で走ること40分、ちょうど出店受付開始時間だったようですが、すでにお宝目当ての猛者が20人近くウロついている。そういう気合の入りすぎたやつらは出展者が売り物を並べる前から勝手に物色して値段交渉を始めるのだ、たしかに良い物はすぐに売れてしまうから正攻法といえばそうだろう。でもね、俺が見ると無数に並べられた商品のほとんどがゴミにしか見えないんだよ!
仮に歴史的価値があるものがそこにあったとしても、どうしてもあの胡散臭い会場の雰囲気の中にあるとゴミに見えてしまうんだな。そんな中でも「これはっ!」と思ったのが年代物のハーレー純正サドルバッグ(5分後に売れてた)、本皮シートのハンモックサドル(誰かが価格交渉中)、3枚羽根の扇風機(しばらくしたら売れて無くなった)。う~ん、3年目の参加で俺の目利きレベルもだいぶ上がったみたいだ、そんなゴミの中で一番のヒットはホンダN360のフロントグリル!置いておくだけで絵になる可愛さ!表示値段は7000円…どうなんだこれは?ホンダは今までマークしてなかったので相場が全くわからない、店の前で悩んでいると「いくらならいいの?」と言われたので「さ…さんぜんエン。」即交渉決裂。
まぁね、いいんですよこれで。これがスワップミートの醍醐味なんです、単純に買い物だけを楽しむんじゃなくて、せっかくだから駆け引きってやつも挑戦してみなきゃもったいないからね。結局今年の戦果はアームがグニャリと曲がった丸ミラー200円とナショナルの古い車載ラヂオ300円で終了。損得じゃなくて雰囲気を楽しむこのイベント、毎年8月の第1日曜にやってます。

ただし、4時起きするほどの価値は…過剰な期待は禁物。

2013/08/03

白壁に光り輝く紅蒼の星

アクアリウムと、そうではない方と、初めてのお客様が多かった変な日でした。特に「そうではない方」には驚きました。

またしても来週にADAから新しい石が発売されるらしく、それらを入れるための木箱の生産が間に合いません。送られてくる木箱でそのまま販売するのでもいいんですが、それでは今ひとつ面白さに欠けるので、自作の木箱の量産をしなければいけなくなってきました。ならばと駐車場へ出て丸ノコで木の板を3枚切ったところで大量の蚊に襲われて作業は急遽中止、それぐらいのコトで止めんのか?と言われそうですが、蚊に対して壮烈な殺意を抱いている私にとって目の前を蚊が横切るだけで丸ノコに集中できなくなってしまい、大ケガする可能性があるので重大問題なのです。そこで即刻中止できる決断力がある私もなかなかのものであります(やる気が無いからではありません)。

格納庫に置いてある物を見たお客さまから
  「熱帯魚屋…辞めないでね 」
と言われました、その決断は絶対にありませんのでご安心ください。

2013/08/02

1.2ボルトから100ボルトまで

ジメっと湿度は高いものの、今日は涼しいではないか!

こんな日こそ外でやる作業を終らせるべきだ、出勤途中のミンチョの上で決めたのは格納庫の照明を取り付けてやる事。店に着いて真っ先に工具箱を持ってきて、カッターとラジオペンチ、ワイヤーストリッパー、あとはニッパーをジーンズの尻ポケットに突っ込んで脚立に登り、ケーブルを切り揃えて曲げてあった電線管を取り付けます、サンデー電気工事士の資格を持っています(セブン店内のみ有効)が、久しぶりの電気工事作業で以前火を噴いたときの恐怖感が戻ってきて序盤少しビビリましたが、1個目の作業が終る頃には感覚も戻ってきて、買ってから半年以上も工房で眠っていた琺瑯製のランプをようやく取り付けることができました。

アメリカのガソリンスタンド辺りで使われていたであろう照明が今、日本の熱帯魚屋の天井にぶら下がっているなんて元の持ち主は思いもしないでしょう。2個のランプを設置して数歩下がって全体の雰囲気を確かめれば思わず「やったぜ!」と心の中で叫んでしまいました、そして店内の壁スイッチをオンにしてパシッと両方の電球が明るく光った時にはもはや感動。建築で思うことは建物に「窓」と「照明」と「椅子」が加わると雰囲気が激変するって事、今まで小屋っぽい雰囲気だった格納庫が、照明が付いたことでいよいよ本格的に格納庫らしくなってきた。

人間やってみりゃ何だってできるって事ですよ、やった事もないヤツに限って「そんな事できるわけないじゃん」って言ってるからね。結局は「難しい」のではなく「面倒くさい」だけ、「面倒なコトこそが幸せなんだよ」はどこかの偉人の名言か?

2013/08/01

生きねば。

夏休み突入後2回目の休日の舞台は長岡市。昨日までの気象情報では一部で洪水が起きているという大雨警戒状態、今朝の予報を見ても同じような事を言ってるので中止も考えましたが、とりあえず向かってみてヤバそうだったら引き返そうと決めて雨の中を出発しました。米山ぐらいまでは強い雨が降ってましたが、柏崎ぐらいで雨は止み、峠を越える頃には路面が乾いているような状況に…なんだか予報とは逆の展開になっているようで、最初の目的地である丘陵公園に着いた頃には時折陽が差すぐらいの好条件で天気予報が原因なのかガラガラ貸しきり状態、前回できなかった水遊びを思う存分させてやりました。

昼飯を終えた頃から俺と息子はソワソワし始めて(トイレを我慢しているのではありません)、公園を出発して長岡市街に入りました、妻と娘をショッピングモールへ置いて、残る二人はサーキットのあるプラモデルショップへ道場破りに行ったわけです。空中戦仕様の超難易度に仕上げてある我が家のサーキットで叩き上げたマシンの実力を見せ付けるべく、気合を入れて入店したのですが、そこにあったのは我が家とは全く異なる平坦なサーキットで土俵が違いすぎ。本領を発揮する事さえできずに呆然として10分もしないうちに帰りたくなりましたが、ちょうど似たような親子連れがやってきて、お互いに話しながら楽しい時間を過ごすことができました(どこの親子も同じだわ)。

ショッピングモールに戻って、以前から観たいと言っていた映画を観ることに。俺は気が進まなかったのですが毎月1日は1000円で入場できるという事でほぼ無理やり入場。映画は好きだったのですが、だんだん値上がりしてきて今や2000円近いじゃないですか?さすがにそれでは気軽に観る事ができなくて、何年も劇場には行ってなかったので超ひさしぶり。驚いたのは7.1サラウンド。もはやここまできたかという臨場感、それとCGのスゴさ(モンスターズ…)。あぁ~、映画好きが再燃してしまったというか、昔っから本編よりもその前の他の映画の予告編が好きなんですよ、壮大なストーリーを約1分に集約して、作品の凄さをアピールしつつもネタバレさせないように巧妙に作られたシナリオ、予告編さえドルビーサラウンドを惜しげもなく使って、最後にタイトルと同時に意味深なキャッチコピーを残し、スッっと終って残る静寂。俺の事よく知ってる人は「そういう事か!?」と思ってるはず。

隣のスクリーンでは「風立ちぬ」が…どうせならそっちが観たかった。