営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2020/05/18

P.F.S石川氏直伝

平屋オフィスの床材を何にしようかなと考えていたんですね。後々賃貸にするんだったらフローリングが無難なんですけど、まともな部材を買うとけっこうな金額になるんですよ。となれば無垢材を塗装して使えばいいかなとも思いましたが、どうせ節約するならとことんやってみようと。そこで目をつけたのがフロアシートなんですな。

ようするに便所の床みたいなやつです。で、ある程度予想はしていましたが、ラインナップを調べると出てきましたよ、木目とかモルタルとか、縞板調なんてのもありました。

そもそも私は壁紙が嫌いなんですね。模様が必要というならまだしも、木目とかタイル調の壁紙を貼るなら最初からその素材で壁作れよ!と。印刷ですよインサツ。毎日暮らす家の壁が印刷で出来ているって虚しくなるでしょ?だからエントランスの白タイルもサイディングじゃなくて、全部タイルを貼ったんです。

(サイディングという言葉で思い出しました)サイゼリアに行った時なんですが、座席の裏が木目調のクロスだったんですよ。うわぁ、ここもか?と壁をコンコンやったら中は木製の合板かコレ!?木の上に木目のクロス貼ってんじゃねぇよ!と、だったらその合板にペーパーかけてニス塗れよと。380円のドリアも200円ぐらいの味になりましたね(さほど変わらない)。

話は床に戻りますが、そのような理由で「スタイル」「風」「調」「タイプ」の付く建材を使うのは嫌なんです。だからその素材そのものでいいんですよ。フロアシートってゴムでしょ?だったらゴムシートにすればいいじゃん。壁も天井もペンキ塗りのベニヤの部屋なんだから、直球素材の雰囲気が合わないわけがないと。

ゴム感100%のフロアシートを探します。そのままなんだからサンプル見る必要もないね。