営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2011/06/03

180オーバーフロー@流木計画1

本日から不定期でお届けしますこの企画、計画の時点で
すでに一触即発状態で、今後の皆さまのお役に立てるかも
しれませんし、オーナー様への経過報告もかねてお届け
しようと思います。

この仕事のオファーをいただく時点で、すでに予想外な
事が起こっていました、さまざまな事情があって180cmに
決まったのですが、某有名メーカー様の商品で組めば
銀座のショーケース並みの仕上がりになるのですが、
ここは燃える男の低予算大作戦という事ですので、過去に
店内で使用していた水槽を流用することにしました。

今日は濾過槽の話
温室改装前に海水魚のストック水槽に使用していた90cm
の横穴式全底面濾過槽をひっぱりだしてきました、
海水はろ過が命というぐらいどっさりとろ材が入るこの
水槽なのですが、水草オーバーフロー水槽となると、
濾過槽でCO2添加などをしなくてはならず、全底面だと
やや不便なところがあります、というわけでまず底面の
パンチ板を半分だけにして、水槽の半分を透明の塩ビ
板で仕切ることにしました、水槽の内寸と同じ幅で塩ビ版
を切ります、この時駐車場で作業する事により細かいカス
の掃除を省くと共にこの熱帯魚屋が現役であるというアピール
もできるのでお勧めです。
その板で濾過槽を仕切り、その仕切り板を5mmのアクリル
角棒で固定します、角棒の固定はアクリル溶剤をつかって
壁面に固定します、ガッチリ付ければなおよしですが、
今回は念のため復元できるように小さめにしました。
なお、この角棒も駐車場で切ることにより…(省略)。
これで45×45cmのスペースが2つできたわけです、
そのパンチ板のあるほうにろ材を入れるわけですが、
今回はドライボールにしました、黙々とドライボールを
連結させて数百個…今日はここでタイムアップ。
なぜここでドライボールなのかといえば、今回はソイルを
使わないかもしてないので軽石のような高度の上がる
可能性のあるろ材は使いたくなかったのと、なによりも
それが店に大量のあったので予算も抑えられるという
理由です。ろ過能力に関しては愚問でありますので
ここでは書きません。

そんな感じで納品までお伝えできればいいなぁと思って
おります、明日詳しく書きますが午前中にバイクで光が原
まで登ってきました。ハーレーウィーク始動!明日は
ハーレーで出勤します!