営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2011/06/02

細かすぎてよくわからない原付カスタム5

絶対に手を出さないと決めていたはずの給排気系だったのに…
高校時代見た目だけで選んだチャンバーでもうこりごりしたはず
なのに…
ついにこの日がやってきました、今日は昼からバイク屋での半日
合宿と決めていたので、メンテ業務のついでにバラパンと
缶コーヒー(ボトル缶)を買っていざ出陣。食事中だったいつもの
二人と同席させてもらい、本日の作戦の打ち合わせを軽く済ます。

私はバイクに関しては全くの素人でございますが、お世話になる
以上は同等に会話が出来るぐらいの知識を身に付けるのが
最低限のマナーだと思っておりますので、2ストロークエンジンの
マフラー(チャンバー)について予習をしてきました、それによれば
今回取り付け予定のフィッシュテール形状というのは不向きどころか
バイク業界の人たちに対して無礼極まりないほど相性の悪いもの
だという事が判明。ですがもう買っちまったものはしょうがない、
もう後戻りはできないので、深々と「よろしくおねがいします」と敬礼。

まずはちょっと長すぎるパイプ部分をグラインダーでカットし、
ノーマルマフラーを外したあとに、先日ぶった切っておいたノーマルの
エキゾーストパイプとステーを固定、そしてでましたフィッシュテール
サイレンサー!理想の角度で手に持った状態で、まずは仮止め
溶接をバチバチッと行い、その後一旦取り外して間に隙間が
できないように入念に溶接してもらいました。まだ溶接部分から
煙が出ているアツアツのマフラーをガッチリ固定すればついに
その全貌が明らかになりました。言葉でどのように表現してよいか
わかりませんが…エグイ。
明らかに感じるドン引き空気の中、いよいよエンジンをかけるときが
やってきました、念のため「エンジンかけます」と許可を得てセルを押す。

今までなら「トゥ、トゥトゥトゥトゥ…」という原付スクーターならではの
おとなしいサウンドだったのですが…
「ゴヴォ~ン!ゴォヴァヴァヴァヴァヴァヴァ!」と、これが50ccの奏でる
サウンドなのかと思うないなや、メカニックのおっちゃんと兄さん、
そして俺の3人顔を見合わせて「やっちまったなこりゃ」の表情。
どことなく懐かしさを感じる爆音、流れる音楽は「横浜銀蝿」これはもう
カバンに鉄板を仕込んで学校行くしかねぇなこりゃ、と俺はあきらめ
かけましたが、さすがバイク屋版「なんとかする店」代表のこの店は
ちがう!おっちゃんが煤にまみれた大量のスチールウールを持ってきて
「ありったけこれを詰め込みなさい」の指示、水槽の掃除には絶対に
使ってはいけないこのスチールウールこそ、過去無数のチョッパー
を車検にパスさせた渾身の消音剤なのである。

人間なら確実に吐いてるだろうほどの大量のタワシを詰め込み、
願いをこめて再度エンジンをかけるとなんと!80年代の懐かしの
サウンドから現代のヤンチャ高校生レベルにまで若返ったでは
ないか!しかし、それでも35歳の乗るスクーターにはまだウルサイ
ので、今後消音の勉強を宿題にすることにしました。

やはりマフラーは見た目にも走りにも、そして音にも影響力が
大きすぎます、危険です、30過ぎたら手を出す世界ではありません。
というわけで、急遽ハーレーウィークは延期させていただき、
しばらくの間は消音パーツの製作に営業時間を使わせて
いただきます、ご了承ください。ペコリ