営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2014/09/09

10年以上続いている習慣

私は風呂あがりに毎日水道の水を飲んでいます、それは毎日使う水道の水がどういうコンディションなのか把握するためです。人間にとっては喉を潤す程度の事ですが、魚にとってはエラを抜けて毛細血管に直接触れるものですので少しでも理解を深めるべきだと思っているからです。

先週、空いたペットボトルが必要だったので2リットルのミネラルウォーターを買って1週間ずっとそれを飲んでいました、たしかに天然水は喉を通るときに嫌な感じがしないので飲みやすいなぁと感じていたのですが、それが無くなり久しぶりに水道の水を飲んだときにそのあまりの不味さに驚きました。偶然その日だけって可能性もあるのですが、ウゲェ~って思うぐらいのショックでした。

私はコーヒー好きですが特に味にはこだわり無く、いつもインスタントを飲んでいます。ところが何年か前のこと、お中元でレギュラーコーヒーばかりもらった事があり面倒でしたが無理して1週間ぐらいレギュラーだけを飲み続けました、それが無くなり再びインスタントを飲んだとき、その時もウゲェ~なんじゃこりゃぁ?不味く感じた事がありました。

ならば水槽の水を全て天然水か、もしくは同等の処理水で管理すれば良いのか?といえば、ショップに限ってはそうではありません。販売した魚の行く先で天然水管理をしている環境なんてほとんど無いからです、無菌状態でストックした魚を売るとほぼ販売後に病気を発病するのと同じです。だからショップの水槽は販売後の想定される環境の同等、もしくはそれ以下で管理する必要があります。ただし、それらは水や機具性能での話で手間隙とは別です。

1/100mmに拘る男のロマンと同等でございます。