営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2019/03/22

互いに進んでいるのなら、立ち止まっている時間が長い方のヤツが負けだ。

告知しなかったんですけど、昨日の祝日は木曜なので定休日でしたが大丈夫でしたでしょうか?自分の中では当たり前だったので油断してました、もし来てしまった方がいたらごめんなさい。

祝日と定休日が重なる日は家族と出かける事が多いのですが、昨日も例外なく過酷な遠出に行ってまいりました。平屋とアパートのリノベーション素材を調達する必要もあったのでイケアがメインです。

当初はセンスの良い家具や雑貨が多いなと思ったのですが、目が慣れてくるとイケアのプロダクトのほとんどは往年の名作を模ったモノが多く、デザイナーのオリジナリティを感じる製品が少ないのです。

デザイナーが消極的なのか、それともメーカーが強要しているのかは不明ですが、賃貸物件オーナーとしてはクオリティの高いリプロダクトが安価で使えるので、それはそれでありがたい話です。

例えばセブンスの産廃照明を取り付けたとして、その価値を理解して扱ってくれる入居者ってどれぐらい存在するのか?と。壊されたり勝手に持ち出されるリスクを考えればリプロダクトの方が無難だし、まだ上越ではイケアで通用するですので今のうちです(そのうちニトリ同等になりそう)。

「往年の名作を模ったモノ」と書きましたが、パクリか?と言えばそうではないのです。これは非常にウマイところを突いてるなと思うのですが、インスピレーションの対象が著作権利の切れたような時代の超王道プロダクツなのです。

例えばバンクシーそっくりの絵を売ったら偽物とかパクリですけど、ゴッホの絵をそっくりに描けばパクリじゃなくて模写と呼ばれます。レディーガガに似た歌を作ればパクリですけど、ベートーヴェンの運命をデジタル演奏にして「新運命」という曲を作ったらそれはオリジナルです。そんな感じなんですよ。

需要の流行り廃りを徹底的にリサーチしているんでしょうね、並んでいる製品を見ると
「あぁ、アレがモチーフなんだな」と思う物ばかりで自分の部屋や店で使うのが少し恥ずかしくなります。

まぁ、そんなネガティヴな話はどうでもいいとして、買い物をしている最中に息子が「自分の部屋の机を作りたい」と言い出したんです。どれが良いんだ?と聞けば幅150奥75厚5センチのテーブルトップを見ているんですな。

4人乗ったフィットで、ただでさえリノベ素材をパンパンに積んだ状態で、ほぼタタミサイズの板をどうやって積むんだよ!?仮に積めたとしても立川から上越まで走って帰れるのかよ?と。

…おもしれぇ事言ってくれるじゃねぇか!持って帰ろうぜ!と、ヘッドレストを目一杯上げて、その上にテーブルトップを置き、全員頭を屈めながら上越まで帰りましたよ。最後は首が自分のモノじゃないような感覚になりましたけどね。

アイツは最近自分の部屋のインテリアにこだわり始めて、今回もテーブルの他にシーリングランプとか壁時計を選んでたんですよね。お手並み拝見ですな。

ミニ四駆作ってた頃からアイツはセブンスに来てないから、センスがその頃のセブンスで止まってるんだよねぇ。今の店に来たら漏らすね。