営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2017/11/16

本日起きた3つの苦悩のうちの一つ

アパートの改修工事費用支払いのために銀行へお金の引き出しに行ったんです。親父から印鑑を借りて窓口へ行き、書類を書いてを提出。

「通帳のご本人様でしょうか?」

 いえ、息子です。

「ならば身分証明になるものを…」

このようなご時世ですから仕方ありませんよね、免許証を渡しました。

「お父様と同じご住所なんですね」

 そうです。

「今回はどのようなご用事で?」

 アパート修繕工事の支払いに使います。

「そうですか、では少々お待ちください」

これで済むかと思ったのだけども、しばらくしたら窓口係の人(若い男性)が手ぶらで戻ってきた。

「すみません、どうして今日はお父様が来られないのでしょうか?」

 いや、家にいますけど経営を任されていますので、支払いも私がするだけです。

「そうですか、では少々お待ちください」

さすがにこれで終わるかと思ったが、何やら奥の机に数人集まってゴニョゴニョ話をしている。5分ほど待たされた後「すみません、確認したら書類の筆跡がご本人様と異なりますので手続きができません」と。

は?ちょっと待てよと、そのやりとりはおかしいだろ?と。詐欺防止のために厳しく審査するのは分かる、引き出しができないというのも百歩譲ろう。だがな、最初に「息子です」と説明したにも関わらず、5分も話し合って「筆跡が本人と違います」って息子なんだから当たり前だろ!と。逆に親父と息子が寸分違わぬ文字書いてる方がよっぽど怪しいだろ?親父が息子の皮被ってるみたいで想像するだけで気持ち悪いわ!

結局俺の見た目と免許証の写真(金髪)が怪しいから疑ってんだろ?そうやって見た目で人を判断するなってんだよ、俺はそういう世の中が嫌だから自らこの容姿で生きてんの!

じゃぁどうすれば良いかと聞いたら「お父様に電話してよろしでしょうか?」と、そりゃ別に構わないけどさ。電話の向こうのソイツが間違いなく親父本人だってお前に分かるのか?っての。

目の前で自宅に電話をされるなんて…屈辱だよなぁ。結局トータルで30分も待たされた後、オバちゃん行員が札束を持ってやって来た。そして…

 「今回はどんなご用事なんですか?」

って、お前さっきゴニョゴニョ話てたメンバーにいたじゃねぇか!知ってるクセに聞くんじゃねぇよ!

実はこんな事がこの銀行で2度目である。銀行変えるか?髪切るか?そろそろ考える頃かもしれぬ。