営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2017/11/12

店長代行が吠える

早くネイチャーアクアリウム展の感想を聞きたいという声が多かったので書こうと思いますが、良かった点は今週中にフェイスブックに書きますので、こちらでは残念に感じた辛口のコメントをお届けしようと思います。本来であれば褒める方が先だと思うのですがお許しください。


結論から言うと写真は楽しめても、アクアリウムの方がボリューム不足、背脂ラーメンを食べに行ったのに、背脂が品切れで素ラーメンを食わされたような物足りなさを感じます。

何故かと言えば本社のギャラリー水槽の一部を持って来たわけで、ということはギャラリー行った方が良いじゃんって話です(しかもタダだし)。本数もギャラリーの半分か、それ以下ですので、過去にギャラリー行ったことがある人なら誰しも残念に思うはず。

一番ガッカリだったのはリスボン水槽を4Kモニター体感できるという展示で、モニター面積も小さいし、画像は荒いし、過剰な映像編集も余計だし、まさかコレだとは思わなくて一度通り過ぎたんですけど、そしたら出口まで行っちゃって…戻って来てコレですか?と聞いたらコレです、と。
モニターは4Kでも収録機材がイマイチなんじゃないのかなぁ?まだ期間は長いんだからリスボン行って再編集しても良いんじゃないかなぁ?

そして特大侘び草ウォールですが、180水槽をベースに高さ2メートルぐらいの草ウォールが付いてました(それが3基並んでいます)。これも何にも感じなかったなぁ。草ウォールと水槽内の雰囲気が全然マッチしてないし、この分野なら鳥羽水族館の渓流展示の方がよっぽど凄かったです。
「こんなの水族館で良いじゃん」って思った時に、署名活動中に「水族館に水草水槽なんて必要ない」って言われたのを思い出しました。今まで実感した事なかったけど、プライベートとパブリックの隔りってこういう感覚なのかな?と。

文句ばっかり言ってますけど、ここまで準備した苦労はわかるんですよ。新潟まで水槽運んで、水回りが不便な会場でメンテナンスしたり、侘び草ウォールだって全て熱帯性植物ですから水族館にあるのとは難易度は段違い、しかも絶好調を3ヶ月維持しろってんだからゾッとしますよ。だけど、その苦労と観る側の温度差がありすぎるんです。

だったら4Kモニターも侘び草ウォールも無くていいので、5メートル超えの(リスボン水槽っぽい)水槽を1本置けばそれで良かったんじゃないかなと。そりゃ事前準備の都合とかあるだろうけど、来場者の満足度は違ったはず。そして期間終了間際にもう一度見ておこうという気持ちになると思う。

最後に意見として、いちいち絡んでくるDOOAが本当に余計で、ハイクオリティの写真とネイチャーアクアリウムに混じって置かれるイマイチなDOOA作品が足を引っ張ってるのは確実。これが無ければ熟練のファン達も納得の個展だったはず。

DOOA水槽の水中と地上が全くリンクしていないチグハグな感じって何とかならないのかな?せめて草ウォールが水槽の中まで続いていれば少しは一体感がでそうなんですけど。まぁいいか、コンセプトが「自由に」なんだから好きにやっていればいいんだな。

あぁ…、またメーカー様からの態度が冷たくなってしまうな。でも、お客さんは交通費と入場料、決して安くはない費用を負担して来てくれる訳ですから素直な感想を述べるのも必要な事だと思うんです(期待して来てガッカリよりも、イマイチだと思って来たら以外とマシだったの方が救いだし)。ちゃんとフェイスブックでは褒めておきますので、後日そちらもチェックお願いします。