営業終了予定のお知らせ

セブンスヘヴンズは新規事業移行に伴い、店舗及び販売業務を2021年7月3日に終了させていただく準備を進めております。
終業までの期間によってはお客様のご要望にお応えできない事もございます、ご了承ください。
残り限られたお時間ではございますが、精一杯努めさせていただきます。


www.seventh-heavens.com

2020/06/10

瞬きをする余裕もない

来月からレジ袋が有料化されるそうです。国からは何の説明もありませんが、おそらくセブンスもやらなきゃいけないのでしょう。

この世に12枚だけのセブンスのトートバッグが数枚あります。セブンスのロゴが入ったグッズはもう作りませんので、記念とレジ袋代わりにいかがでしょうか?税別1200円、あえて小さく畳んで持ち歩けるよう、薄っぺらい生地を選びました。

なお、クロスアーツのノベルティは作らない予定でおります(そもそも販売経路がありませんので)。


その、いつか作るであろうクロスアーツの施設で使うアイテムを、今から集めているわけですが、トイレと事務室の入口付近に付ける案内照明。かつて東ドイツの映画館で使用されていたらしいです。

2個合わせて95000円…発売開始から30秒で購入しました。その30秒間で何を考えていたか?いや、考えたというよりも、感覚で判断したと言うべきかも?

おそらく使われていた経緯からして既製の量産品ではない、つまり二度と手に入らない。このアイテムによる施設全体に与える印象の度合い。アルミとガラスで構成されたプロダクトの耐久性。

十分な価値があると判断して決断。これ以上悩んだらSold Outになったと思います。

普段90円のコッペパンの中から60円のおつとめ品を選び、1リットル88円のコーヒーを飲む生活ですが、本当に価値があると判断すれば、例えそれが誰かにとってのゴミであろうと購入します。

私はモノの価値の判断に絶対の自信を持っています。もし、またいつかモノを売る仕事をするならば、今度はそんな価値観に嘘をつかない仕事をしたいです。